歯科で親知らずを抜く〜歯科でぬいてもらうしかない〜

先生

こんな方法も

歯磨き

これは僕自身が体験した親知らずの抜歯体験です。当時既に、3本の親知らずが生えていた僕は、奥歯の違和感を感じていました。ある程度は我慢していたのですが、その違和感が痛みに変わってしまったので、適当に家の近くにはった歯科医へと行きました。それから抜歯をしてもらうのですが、親知らずが横から生えてきている為に、普通には抜歯出来ないと言われました。それでは一体どうするのか?と思っていたら、なんと歯を何ミリか切られたのです!こうする事によって切った分は、歯が伸びるので、伸びた後は簡単に抜けるという説明を受けましたが、切った歯は神経がむき出しの状態です。何か処置してくれるだろうと期待していた僕でしたが、結局痛み止めを何日分か貰っただけでした。もちろんその日のうちから次の治療まで、家でのたうち回る僕がいました。そりゃそうです、歯の神経がむき出しの状態なんですから、何もしなくても痛いんです。もちろん、飲み物を飲んでも、ご飯を食べても、歯磨きをしても、うがいをしても痛みます。それから一週間後にやっとその親知らずは抜歯されましたが、適当な歯科医にお願いするんじゃなかったと心から後悔をした僕でした。ただ、抜歯を歯科で行うことは大切なことです。その人に合わせた方法で抜歯をしてくれるためです。親知らずの抜歯は痛みのあることも多いといわれています。ただ、抜歯する際に気をつけることで軽減して抜歯することも可能です。ただ、親知らずにより痛みの強くなる時もあります。